[リストへもどる]
一括表示
タイトルメールチェッカーのUIDLコマンド
記事No1445
投稿日: 2013/01/02(Wed) 20:54:41
投稿者赤柿
こんにちは。いつもSpecial Launch 4を使用させていただき、どうもありがとうございます。今回はSL4のプラグインであるメールチェッカーについて質問させてください。

私はYahoo!メールを使用していますが、メールチェッカーのログPOP3.LOGを見ると、以下の出力があります。

| +OK 7331 messages (113862332 octets)
| UIDLコマンド使用不可能。
| 新しいメールから受信します。

telnetでPOPサーバーに接続し、手動でUIDLコマンドを実行すると実行可能なのですが、何か設定に関する条件がありますでしょうか?このアカウントではSSLもAPOPも使用していません。

使用しているバージョンは以下の通りです。
SL4本体: 4.1.5 Build 269
MailChecker: 1.2.3 Build 53

よろしくお願いいたします。

タイトルRe: メールチェッカーのUIDLコマンド
記事No1446
投稿日: 2013/01/08(Tue) 00:17:01
投稿者瀬戸っぷ < >
参照先http://www.ksky.ne.jp/~setoppu2/sl4/
瀬戸っぷです。

> | +OK 7331 messages (113862332 octets)
> | UIDLコマンド使用不可能。
> | 新しいメールから受信します。
> telnetでPOPサーバーに接続し、手動でUIDLコマンドを実行すると実行可能なのですが、何か設定に関する条件がありますでしょうか?このアカウントではSSLもAPOPも使用していません。

設定に関するもの…ではなく、メールヘッダにX-UIDLがないと正しく動作できない作りになっています。
「前回のチェックでどこまでチェック済みか?」の判定用のデータとして、
Message-IDヘッダのみで保持しているため、対応が中途半端な状態になっています。
# X-UIDLヘッダがあった場合は、Message-IDヘッダの代わりにX-UIDLヘッダの内容を保持しています。

設定ダイアログの「終了時に通知済みリストを保存する」で保存されるデータ形式の関係で、上記のような実装になっています。
# データファイルにはバージョンも含めていますので、拡張自体は可能なのですが…
# 要望とかもなかったのでそのまま…という状況です。

「新しいメールから」となっていますが、起動後2回目以降であれば、繰り返しサーバから受信するのは最新のメールだけ(Message-IDが一致するので終了)となります。
# もちろん、新しいメールがあればそれは通知されます。

タイトルRe^2: メールチェッカーのUIDLコマンド
記事No1447
投稿日: 2013/01/09(Wed) 03:16:40
投稿者赤柿
瀬戸っぷさん、早速の返信をありがとうございます。赤柿です。

> 設定に関するもの…ではなく、メールヘッダにX-UIDLがないと正しく動作できない作りになっています。

なるほど、よく分かりました。ちょっとログを見た時に不思議に思ったので質問させていただきました。

> # 要望とかもなかったのでそのまま…という状況です。

毎回ヘッダーを拾ってくるのもちょっともったいないかなとケチなことを思ってしまったので、「UIDLコマンドの結果からデータファイルを作成する」の要望に一票入れさせてください。

タイトルRe^3: メールチェッカーのUIDLコマンド
記事No1448
投稿日: 2013/01/15(Tue) 09:41:03
投稿者瀬戸っぷ < >
参照先http://www.ksky.ne.jp/~setoppu2/sl4/
瀬戸っぷです。

> > 設定に関するもの…ではなく、メールヘッダにX-UIDLがないと正しく動作できない作りになっています。
> なるほど、よく分かりました。ちょっとログを見た時に不思議に思ったので質問させていただきました。

管理方法の問題…でしかなかったんですけどね。
# 実際、自宅サーバ(Dovecot)でもX-UIDLヘッダが無い為、毎回読み出ししてますし。

> 毎回ヘッダーを拾ってくるのもちょっともったいないかなとケチなことを思ってしまったので、「UIDLコマンドの結果からデータファイルを作成する」の要望に一票入れさせてください。

それでも、プラグイン起動時は全部のメールのデータ(ヘッダのみか本文もある程度含むかは設定次第)を取得することになりますけど……。
取得済みのメールデータまで保存するべきかどうか…は微妙ですし。
元々の趣旨としては「新着メールがあった時に通知」できればよいだけのものでしたから。

対応にはしばらく掛かります。
手を付けている時間があまりありませんので。

タイトルRe^4: メールチェッカーのUIDLコマンド
記事No1449
投稿日: 2013/01/16(Wed) 05:14:36
投稿者赤柿
瀬戸っぷさん、こんにちは。

> 対応にはしばらく掛かります。

もちろん対応可能な時で構いません。気長にお待ちしています。

タイトルRe^5: メールチェッカーのUIDLコマンド
記事No1450
投稿日: 2013/03/13(Wed) 23:23:15
投稿者瀬戸っぷ < >
参照先http://www.ksky.ne.jp/~setoppu2/sl4/
瀬戸っぷです。

> もちろん対応可能な時で構いません。気長にお待ちしています。

対応処理して、アップしました。
以前のデータファイルからの引き継ぎ…はできません(Message-IDヘッダなのかX-UIDLヘッダなのかの属性を記録していなかった為)でしたので初回のみ通知済みでも新着として通知されます。
終了時に今回のフォーマットに変更して保存されます。

まぁ、プラグイン起動時の最初の通信では通知済みでも全メールのヘッダを(設定してあれば本文も)受信するのですが……。

タイトルRe^6: メールチェッカーのUIDLコマンド
記事No1451
投稿日: 2013/03/18(Mon) 22:19:09
投稿者瀬戸っぷ < >
参照先http://www.ksky.ne.jp/~setoppu2/sl4/
瀬戸っぷです。

通知済みリストの読み込みが正しく行われていなかったので修正しました。
しょうもないミスでした(TT

タイトルRe^7: メールチェッカーのUIDLコマンド
記事No1452
投稿日: 2013/04/05(Fri) 23:02:43
投稿者瀬戸っぷ < >
参照先http://www.ksky.ne.jp/~setoppu2/sl4/
瀬戸っぷです。

メール削除機能が正しく動作していませんでした。
場合によってはフリーズしていたかも知れません……。

ということで修正しました。